デルフィ訪問を終えて

2018年10月、ギリシャのデルフィーを訪問した際の報告書から



 このたび南砺市友好交流協会会長としてデルフィー訪問の団長を勤めるにあたって、一つの決意をして準備を進め現地に向かいました。

 世界演劇祭を縁に利賀村が姉妹締結をして開始された利賀中学生の交流ですが、南砺市の誕生に伴って市内全域の生徒が参加する制度に転換しています。デルフィー市においてもギリシャの財政危機を契機に2010年に8つの自治体が合併し、市役所が他の地区に移って新しいデルフィー市となっています。どこか似ていますね。

 世界最古の文明発祥の地デルフィーとの交流は価値があり重要です。姉妹関係の枠組みが変化した以上新たな関係を模索しよう。そう決意して準備を始めました。

  アテネの日本大使館と渡航前から数度にわたり連絡を取りました。二十数年続いている中学生の交流事業に清水大使は感心され、大使館で生徒たちに激励をしていただくだけでなく、デルフィーに出向き歓迎式で挨拶をされました。デルフィーの関係者に対するインパクトは絶大なものがありました。

 翌日、行政センターにてデルフィーのパナイヨトプロス市長が我々引率のメンバーと会見していただきました。デルフィー市役所の担当者コンスタさんとも日本から十全に連絡を交わしてきました。南砺市と今後も交流をしていきたい。来年は南砺市に代表団を全ての中学生、先生と共に派遣したい。新たな姉妹関係を調印したい。このように市長は述べて友好交流の発展に期待を述べられたのです。

  デルフォン中学校のマッヘラ校長先生は、利賀中学校校長先生や私との打ち合わせで、学校カレンダーとの関係から、来年の南砺市訪問は7月の第1週になるだろうと言われました。

 今回の中学生たちの学校訪問・交流はとてもフランクで友好的でした。生徒たちはすぐに打ち解け、仲良くなったように思います。生徒たちの行動が南砺市とデルフィー市の友好を大きく前進させる原動力であったと改めて思います。 

  先生方始め引率いただきました皆様に感謝いたします。今回の訪問は目的を達成し今後に引き継ぐことができました。皆様の団結、温かな思いに感謝して報告といたします。

                        山辺美嗣  

福野小学校50周年お祝いのメッセージ(富山県南砺市)

2018年10月創立50周年を迎えた富山県南砺市の福野小学校のお祝いとして


 現在の福野小学校のこの場所には、私が6年生だった今から54年前の昭和39年には木造2階建ての古い校舎があり、その校舎は中学校のおさがりで、その当時でも70年以上が経過した壊れる寸前の建物でした。

 校舎は恐ろしく天井が高く廊下が長くて、百メートル競走ができるくらいでした。体育館の天井は落ちてしまっていて放送室からは天井の骨組みに渡ることができて、もちろんそこに行くことは禁止でしたが、誰も落ちて怪我をすることはありませんでした。

 私が高校1年の時、小学校が建て直されて新しくなり、そして福野町の全部の小学校が一つになりました。あの恐ろしい校舎からみんなが解放されるんだと嬉しい思いがしました。その校舎も今はまた建て直されて、現在の素敵な校舎になっています。

 歴史は巡ります。校舎も半世紀ごとに新しくなり、思い出が積み重なります。多くの先輩たちが、学び、遊び、同級生や先生の思い出が沢山積み重なったところ、それが福野小学校です。

 50周年本当におめでとうございます。
 福野小学校よ永遠なれ

          富山県議会議員    山辺美嗣
内外激動の今年、富山県の発展を目指して今年もふるさとのために邁進いたします。


〔新時代の産業のために〕

●水素は燃えると水になり環境にやさしく可能性に満ちています。水素自動車が走るなど「とやまの新時代」構想が加速します。

●アルミは富山県の重要産業の一つです。新しい機能の合金が富山大学で生まれています。プロダクトアウトで新マーケットも。

●産学官の研究交流や異業種交流、国際的な研究開発は経済をダイナミックに変化させることが可能です。その土壌づくりを着実に進めます。

〔富山県の「宝」が生きる県政を〕

●昨年、ユネスコの世界登録が増えました。3月に五箇山がエコパークに。12月には城端、高岡、魚津の曳山行事が無形文化遺産に。

●立山砂防、黒部のジオパーク、近世高岡の遺産群など、地域の魅力をますます生かせる県政を。



〔シニア層への期待と支援〕

●生涯現役を期待される高齢者が増えています。豊かな経験と知恵を発揮していただける仕組みづくりは急務です。

●老後の生活資金は大変重要です。富山県の住宅は日本一といわれますが空き家になれば無価値になることも。リバースモーゲージを可能にする政策を模索中。
   

現在、議会運営委員長、政策討論委員長を務めております。改革と政策の更なる充実を目指し、皆様のご指導を賜りますよう心からお願い申し上げます。